東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2017.01.04

1KJPNを利用した共同研究による長﨑正朗教授らの論文がPancreatology誌に掲載されました

ゲノム解析部門の 長﨑正朗 教授は、東北大学大学院医学系研究科 消化器病態学分野 正宗淳 准教授らと 1KJPN を利用した共同研究を行い、その結果を論文として発表しました。
この成果は Pancreatology 誌に2016年7月2日付でオンライン出版されました。

■研究内容
慢性膵炎の罹患者について、URB1 など疾患に関与することが示唆されている遺伝子を含むターゲットシークエンス解析を行うことで非同義置換を含む十数の変異を同定しました。これらの変異について、1,070人の一般住民のゲノム情報(東北大学東北メディカル・メガバンク機構のコホート調査により得られたデータ)をもとに構築を行った全ゲノムリファレンスパネルにおける頻度との差の比較を行いました。
疾患群で見付かったいくつかの変異については、インシリコ解析により重篤な症状をもたらすものであることが予測されました。これらの変異はレアバリアントで、疾患群と健常群での頻度差について検討を実施しましたが明らかに有意な差があることまでは確認できませんでした。
今後、全ゲノムリファレンスパネルと UBR1 遺伝子の患者、双方の人数規模を増やすことで各レアバリアントの影響などを検討することにより、有意な結果が得られることが期待されます。

【書誌情報】
論文題名:Variants in the UBR1 gene are not associated with chronic pancreatitis in Japan
掲載誌:Pancreatology
著者:Atsushi Masamune, Eriko Nakano, Tetsuya Niihori, Shin Hamada, Masao Nagasaki, Yoko Aoki, Tooru Shimosegawa
Accepted 29 June 2016, Available online 2 July 2016
10.1016/j.pan.2016.06.662

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.01.20| 2KJPNを使用した論文が発表されています 2017.01.20| 第81回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(2月2日) 2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します 2017.01.18| 河北新報「医進伝心」に八重樫伸生機構長特別補佐のエッセーが掲載

Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.