東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2016.12.21

遠隔セキュリティルーム運用開始 ‐外部研究機関からもスーパーコンピュータが利用可能に‐【プレスリリース】

東北メディカル・メガバンク機構(以下ToMMo)に設置されたスーパーコンピュータへ、東北メディカル・メガバンク計画の実施機関以外の外部研究機関からもアクセスできる仕組みを整えた遠隔セキュリティルームの運用を開始しました。
ToMMoのスーパーコンピュータへのアクセスは、これまで東北大学と岩手医科大学との間でのみ運用されていましたが、今回外部研究機関である東京大学大学院医学系研究科人類遺伝学分野、及び国立成育医療研究センターにおいてスーパーコンピュータの一区画へのアクセスが可能になりました。両研究機関では、生体認証で厳重に入室管理された遠隔セキュリティルームを設け、そこに設置したシンクライアント端末を通じ、ToMMoスーパーコンピュータ内に割り当てられた公開区画へのアクセスを可能にしています。
公開区画については東北メディカル・メガバンク計画の研究支援担当機関をつとめている国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)より支援を受けております。
ToMMoのバイオバンクには、調査参加者の健康調査結果及び解析情報(基本属性情報、調査票情報、生理学検査情報、検体検査情報、診療情報、MRI画像情報、ゲノム・オミックス情報等)等が、膨大な情報として蓄積されています。本設置により、それらを統合したデータベース等へアクセス可能となりました。ToMMoが保有する機微性の高い情報を、遠隔地からも安全性を担保した状態で利用でき、精度の高いゲノム医療実現のための解析研究を実施することが可能となります。
今後、このような拠点をさらに設置していき、順次、10箇所程度まで増やしていく予定です。
東北メディカル・メガバンク計画由来のデータシェアおよび、計算資源の共有による効率的な個別化医療実現に向けた研究が推進され、日本のゲノム研究全体を底上げ、加速させるものと期待されます。より効率的な個別化医療実現に向けた研究の推進、及び全国のゲノム医療の基盤構築を進めて参ります。

プレスリリース本文

%e9%81%a0%e9%9a%94%e3%82%bb%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a012

【図】遠隔セキュリティルームイメージ図

関連リンク

国立成育医療研究センター

東京大学大学院医学系研究科人類遺伝学分野

 

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.05.29| シーナカリンウィロート大学医学部の皆様が来訪されました 2017.05.25| 災害交通医療情報学寄附研究部門 技術補佐員 募集(7/28締切) 2017.05.25| 地域住民コホート室 技術補佐員 募集(6/9締切) 2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.