東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2016.11.15

妊婦の病気の予防に向けた研究参加者の募集が完了 ~世界最大規模のライフログデータと生体データの統合解析を開始~【プレスリリース】

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と国立大学法人東北大学 東北メディカル・メガバンク機構(以下、ToMMo)は、妊婦に特有な病気の予防・早期発見方法の確立および発症原因の特定をめざして共同研究を実施してきましたが、2016年11月15日(火)をもって研究参加される妊婦の募集が完了しました。また、ドコモがこれまで各種時系列データの分析を通して培ったビッグデータ解析技術および機械学習等のAI(人工知能)技術と、ToMMoのゲノム情報等解析技術および生命情報科学技術を組み合わせて、参加者から得られたライフログデータおよびゲノム情報等の生体データの統合解析を本日より開始します。

両者は2014年11月19日(水)より妊婦の病気の予防・早期発見に向けた共同研究を開始し、2015年2月17日(火)からは、ToMMoの実施する三世代コホート調査に参加された妊婦を対象に、「マタニティログ調査」の名称で本共同研究に参加いただく妊婦を東北大学病院にて募集し、同意いただいた方から順次、データ収集にご協力いただき、参加者数は目標を上回る300名以上となりました。

参加者からは、妊娠初期から産後1ヶ月まで定期的に血液・尿・歯科検体などの試料を提供いただくとともに、ドコモが本共同研究向けに開発したスマートフォン用アプリ等を使用して血圧や体調などのライフログデータも登録いただいており、参加者自身で登録いただくライフログデータの登録率は約80%と高い水準でした。
全参加者のうち分娩を経て参加終了となった約100名から順次、血液・尿・歯科検体などの試料を用いて、ゲノム情報等の生体データ化に着手しております。
参加者から得られる毎日のライフログデータは最終的に約600万件、血液・尿・歯科検体などの試料は約8,000本にも及び、妊婦を対象とした研究で世界最大規模となります。

これらのライフログデータおよび生体データに対し、時系列を考慮した多層オミックス解析をすすめることで、妊婦に特有な病気(妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群、早産など)の予防方法・早期発見方法を共同で開発してまいります。

今後、ToMMoは、本共同研究に多くの参加をいただいたことから、長期にわたってコホート調査の参加者の方々の健康状態等を定期的にご連絡しながら調査を継続し、更なる調査へのご協力をお願いするにあたり、本共同研究で培ったノウハウやデータを活用していきます。
また、ドコモは、妊娠中から子育て中のお客さまに対するサポートやサービスを充実させており、本共同研究を通して、正常分娩に至る妊婦の増加や、将来的に発症が懸念される生活習慣病の予防の実現にさらに取り組んでまいります。そして、パートナーとともに新たな価値を協創する「+d」の取り組みの一環として、ドコモはToMMoと共に、ひとりでも多くの妊婦が病気を経験することなく安心して出産を迎えられるよう、母子の健康確保に貢献してまいります。

プレスリリース本文

関連リンク

ヘルスケアデータとゲノム解析を活用した妊婦の疾患の予防・早期発見に向けた共同研究を開始【プレスリリース】

三世代コホート

マタニティログ推進室

三世代コホート調査

 

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.01.20| 2KJPNを使用した論文が発表されています 2017.01.20| 第81回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(2月2日) 2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します 2017.01.18| 河北新報「医進伝心」に八重樫伸生機構長特別補佐のエッセーが掲載

Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.