東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2016.10.04

バイオバンクから外部機関への試料・情報分譲を開始しました

東北メディカル・メガバンク計画のバイオバンクは、外部機関に向けた試料・情報分譲を始めました。その第一号として、2016年9月8日(木)に産業技術総合研究所の瀬々潤研究チーム長ご一行が東北メディカル・メガバンク棟に来訪され、スーパーコンピュータに接続する端末からデータ分譲を受けました。瀬々研究チーム長らは大規模なデータをもとに個別化医療を推進する計算手法を開発する研究に、コホート調査で集められた調査票・検査データやゲノム情報を活用される予定で、「東北メディカル・メガバンク計画のデータは、ゲノム情報と血液検査結果、生活習慣等の調査票情報が一緒にまとまっており、貴重。さらにコホート調査が続いて数年後の疾患情報が追加されれば、情報の価値が高まるでしょう」と話しています。

なお2016年夏から血漿、血清、EBウイルス不死化細胞株が試料・情報分譲の対象に加わりました。試料・情報分譲は、それによる研究で生じた知的財産が、利用者に属する形で活用いただける仕組みになっています。今後も分譲対象の拡大など整備を進めていきます。

関連リンク

バイオバンクで分譲する試料・情報について

dist_banner

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.01.20| 2KJPNを使用した論文が発表されています 2017.01.20| 第81回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(2月2日) 2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します 2017.01.18| 河北新報「医進伝心」に八重樫伸生機構長特別補佐のエッセーが掲載

Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.