東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2016.04.15

全ゲノムシークエンシングデータを用いた 発症リスク予測モデリングのための手法を開発【プレスリリース】

ゲノム医学研究において、全ゲノムシークエンシングデータを用いて疾患発症リスクを予測する際には、その予測モデルを構築することは極めて重要です。これまでも多くのグループが手法を提案してきましたが、それらの手法を用いてのリスク予測は、低精度なものに留まっていました。
今回、東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)の植木優夫助教(現・久留米大学准教授)と田宮元教授は、スパースモデリング手法(STMGP; smooth-thresholded multivariate genetic prediction)を新たに開発し、その手法によるリスク予測が高精度かつ高速であることを示しました。本研究では、新たな手法により、米国のアルツハイマー病患者全ゲノムシークエンシングデータから疾患発症リスクを予測したところ、本手法が既存の手法よりも、最高で3倍程度の高い性能を持つことがわかりました。今後のゲノム医学研究で、重要な手法となることが期待されます。
なお、本成果は、国際科学雑誌Genetic Epidemiology 誌4月号に掲載されました。

プレスリリース本文(PDF)

【論文名】
Smooth-Threshold Multivariate Genetic Prediction with Unbiased Model Selection
Masao Ueki, Gen Tamiya and for Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative
Genetic Epidemiology
Volume 40, Issue 3, pages 233–243, April 2016
Article first published online: 6 MAR 2016
DOI: 10.1002/gepi.21958

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.01.24| 鈴木研究室 技術補佐員 募集(2/24締切) 2017.01.20| 2KJPNを使用した論文が発表されています 2017.01.20| 第81回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(2月2日) 2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します

Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.