東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2016.04.15

全ゲノムシークエンシングデータを用いた 発症リスク予測モデリングのための手法を開発【プレスリリース】

ゲノム医学研究において、全ゲノムシークエンシングデータを用いて疾患発症リスクを予測する際には、その予測モデルを構築することは極めて重要です。これまでも多くのグループが手法を提案してきましたが、それらの手法を用いてのリスク予測は、低精度なものに留まっていました。
今回、東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)の植木優夫助教(現・久留米大学准教授)と田宮元教授は、スパースモデリング手法(STMGP; smooth-thresholded multivariate genetic prediction)を新たに開発し、その手法によるリスク予測が高精度かつ高速であることを示しました。本研究では、新たな手法により、米国のアルツハイマー病患者全ゲノムシークエンシングデータから疾患発症リスクを予測したところ、本手法が既存の手法よりも、最高で3倍程度の高い性能を持つことがわかりました。今後のゲノム医学研究で、重要な手法となることが期待されます。
なお、本成果は、国際科学雑誌Genetic Epidemiology 誌4月号に掲載されました。

プレスリリース本文(PDF)

【論文名】
Smooth-Threshold Multivariate Genetic Prediction with Unbiased Model Selection
Masao Ueki, Gen Tamiya and for Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative
Genetic Epidemiology
Volume 40, Issue 3, pages 233–243, April 2016
Article first published online: 6 MAR 2016
DOI: 10.1002/gepi.21958

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.05.29| シーナカリンウィロート大学医学部の皆様が来訪されました 2017.05.25| 災害交通医療情報学寄附研究部門 技術補佐員 募集(7/28締切) 2017.05.25| 地域住民コホート室 技術補佐員 募集(6/9締切) 2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.