東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2016.02.03

いわて東北メディカル・メガバンク機構志波講師らの論文が科学雑誌「PLOS ONE」に掲載されました

岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構生体情報解析部門志波講師らの論文が、国際科学雑誌「PLOS ONE」に掲載されました。

 

血液などの生体試料は研究機関ごとに異なる手法で集められています。
DNAのメチル化は環境により変化することが知られているため、DNA収集プロトコール
の違いが研究結果に影響を与えることが考えられます。しかしこれまで、この違いが
DNAメチル化解析の結果に与える影響については、十分にわかっていませんでした。

そこで今回、志波講師らは、DNA収集プロトコールの違いがDNAメチル化解析に与える
影響について解析し、異なる手法で集められた血液から回収した白血球細胞の種類の
分布(細胞組成)が異なっていることを確認しました。

さらに、異なる手法で集められた生体試料の細胞組成を推定し、さらにその情報を用
いてDNAメチル化の差を、コンピューターを使って補正する方法を開発しました。

この開発によって、複数の研究機関で集めた生体試料を相互利用してDNAメチル化の
研究を進めることが可能になりました。


詳細は「研究成果の紹介」(いわて東北メディカル・メガバンク機構WEBサイト)をご覧ください。
なお当機構の峯岸直子教授、寳澤篤教授、工藤久智助教が本論文の共著者になっています。

論文名:Adjustment of cell-type composition minimizes systematic bias in blood DNA methylation profiles derived by DNA collection protocols
(邦訳: 国内コホート・バイオバンクの生体試料収集プロトコールの違いによるDNAメチル化状態の差の補正手法の開発)

著者:Yuh Shiwa, Tsuyoshi Hachiya, Ryohei Furukawa, Hideki Ohmomo, Kanako Ono, Hisaaki Kudo, Jun Hata, Atsushi Hozawa, Motoki Iwasaki, Koichi Matsuda, Naoko Minegishi, Mamoru Satoh, Kozo Tanno, Taiki Yamaji, Kenji Wakai, Jiro Hitomi, Yutaka Kiyohara, Michiaki Kubo, Hideo Tanaka, Shoichiro Tsugane, Masayuki Yamamoto, Kenji Sobue, Atsushi Shimizu

関連リンク

いわて東北メディカル・メガバンク機構

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.09.19| 「配偶者のがん既往が心理的苦痛に与える影響」についての論文がTohoku Journal of Experimental Medicine誌 に掲載されました 2017.09.14| 山本機構長らのグループが、腎組織の炎症を抑制することによる新規腎臓病治療薬を開発 2017.09.13| 東北・みやぎ復興マラソン2017に特別協力します 2017.09.12| 地域住民コホート室 看護師・准看護師等 募集(10/13締切) 2017.09.12| 第15回東北遺伝医学セミナー開催のお知らせ(10月4日)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.