東北メディカル・メガバンク機構

バイオバンク室

  • ToMMoとは?
  • 組織・メンバー
  • バイオバンク室
  • バイオバンク室は、東北メディカル(医療の)・メガ(巨大な)バンク(銀行)の一員として、バイオ(生命の、生物に関する)バンクの構築と運用の実務を担います。 具体的には、当機構の行う健康調査に参加された皆様の生体試料(血液や尿)を、健康調査、各種検査、遺伝子解析のデータ等と対応させた形で保存します。それらの試料・情報には個人の特定を不可能にする加工(匿名化処理など)が施され、また、その利用は、厳正な審査を通過し、さらに契約を締結した研究者にのみ許可されます。 個人情報が完全に保護された試料・情報がバイオバンクに長期間蓄積されることは、提供者・研究者の双方に大きなメリットを生み出し、医学・医療の発展につながります。当事業室は、その基礎となるバイオバンクを構築し、その運営を担当します。

    峯岸 直子 教授 室長

     

    関連リンク

    バイオバンク室設備案内

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.01.20| 2KJPNを使用した論文が発表されています 2017.01.20| 第81回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(2月2日) 2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します 2017.01.18| 河北新報「医進伝心」に八重樫伸生機構長特別補佐のエッセーが掲載

    Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.