東北メディカル・メガバンク機構

地域支援仙台センター

  • ToMMoとは?
  • 組織・メンバー
  • 地域支援仙台センター
  • minami東北メディカル・メガバンク機構は、震災復興と、健康調査を通して最先端医科学の結果を皆様に還元することを目的として設立されました。皆さんの健康を調査して、健康の向上、病気の予防を図り、また新しい次世代の医療を開発し、さまざまな活動を通して、被災地宮城・岩手の医療のレベルアップに努めていきます。
    地域支援仙台センターでは、仙台市中心部に近い場所で、明るく元気なスタッフが皆様の健康調査をサポートしていきます。参加していただく方に親しみを込めてわかりやすく説明いたします。お気軽にお越しください!

    担当地域 仙台市、大和町、大郷町、富谷市、大衡村
    開所日 2014年7月24日
    センター長 布施昇男教授(ゲノム解析部門 バイオマーカー探索分野)
    副センター長 清水律子教授(ゲノム解析部門 分子血液学分野)
    伊藤潔教授(地域医療支援部門 災害産婦人科学分野)
    本橋ほづみ教授(ゲノム解析部門 遺伝子発現制御分野)
    宇留野晃講師
    スタッフ数 25名(2017年4月現在)
    スタッフ職種詳細 医師、歯科医師、GMRC、看護師、臨床検査技師、事務員(2017年4月現在)

     

    アクセス

    〒980-8573 仙台市青葉区星陵町2-1
    電話番号 022-274-6071 ※電話の受付時間は 9:00-12:00、13:00-16:30 です。
    仙台市営バス/JR仙台駅西口バスプール発10、15番のりば「東北大学病院経由」と表示のあるバスに乗車「厚生病院前」にて下車(約20分)
    仙台市営地下鉄南北線/北四番丁駅下車 徒歩15分

    map_japanese_1607

    GoogleMapはこちら

    関連リンク

     

    地域支援センター

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10) 2017.05.22| 第4回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(6月19日) 2017.05.22| Maureen E. Smith先生をお迎えしてセミナーを開催します(5/25)

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.