東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2016.06.28

児玉栄一教授らの研究をもとに新しい抗HIV薬が承認されました

児玉栄一 教授(地域医療支援部門、災害科学国際研究所災害感染症学分野)が日本たばこ産業株式会社(JT)と共同研究した抗HIV薬(エルビテグラビル:HIVインテグラーゼ阻害剤)を含む「ゲンボイヤ配合錠」が、2015年11月のアメリカ食品医薬品局の承認(Gilead Sicences Inc,(米国)が承認取得)に続き、日本でも2016年6月17日に製造販売承認を取得しました。本配合錠は鳥居薬品株式会社から販売される予定です。

後天性免疫不全ウイルス(HIV)は免疫に重要なリンパ球に感染、破壊します。そのため本来なら自分の力で抑えることのできる感染症を抑えられなくなります。近年、複数の抗HIV薬を用いることによって、免疫力の回復だけでなく、HIV感染者からの感染拡大も阻止できるようになりました。しかし、薬剤耐性HIVの出現や服薬しなければならない錠数の増加が問題でした。

共同研究の対象であるエルビテグラビルは他のクラスの抗HIV薬に対して高い耐性を獲得した HIV変異株であっても極めて強力な抗HIV活性を示すことが知られてきました。「ゲンボイヤ配合錠」は、エルビテグラビルとGilead社が開発したコビシスタット(エルビテグラビルの血中濃度を上昇させる働きを持つ)、および核酸系逆転写酵素阻害剤2剤(エムトリシタビン、テノホビル アラフェナミド(TAF))の計4剤を配合した錠剤で、1日1回1錠の服用で治療を行います。エルビテグラビルを含む配合剤としては、鳥居薬品株式会社が2013年より国内で販売している「スタリビルド®配合錠」がありますが、「ゲンボイヤ®配合錠」は「スタリビルド®配合錠」の4つの有効成分のうち,テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩(TDF)をTAFに置き換えたものです。TAFはテノホビルの新規プロドラッグであり、TDFの安全性の懸念である腎臓や骨への影響が軽減されることが示されています。

なお、本研究は児玉教授が京都大学に在籍中に実施されました。

関連リンク

日本たばこ産業株式会社 プレスリリース

ToMMoクリニカル・フェローの児玉栄一講師が研究したHIV感染治療薬「スタリビルド配合錠」が国内承認されました(2013.04.17)

微生物における生合成中間体を修飾した化学合成法の確立~抗ウイルス剤への応用~(2015.08.06)

東北大学災害科学国際研究所・大学院医学研究科 災害感染症学分野 ウイルス・細胞研究室

※エルビテグラビルは JT が創製した化合物であり、2005 年にGilead社へ日本を除く全世界における独占的開発・商業化権を導出しています。
※「ゲンボイヤ」「スタリビルド」は、Gilead社の登録商標です。

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します 2017.01.18| 河北新報「医進伝心」に八重樫伸生機構長特別補佐のエッセーが掲載 2017.01.18| 株式会社エスアールエルの方々がToMMoを来訪されました 2017.01.17| 国際的なゲノム研究団体GA4GHの代表Goodhand氏が講演 2017.01.16| ゲノム解析に関する論文がHuman Molecular Geneticsに掲載されました

Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.