アレイデータ室

アレイデータ室は、日本人集団に最適化して開発したゲノム解析ツールであるジャポニカアレイ®を用いて、東北メディカル・メガバンク事業のみならず、連携機関で収集された生体試料をゲノムデータ化する役割を担っています。疾患の発症リスク予測につながる大規模なゲノムデータ基盤を整備し、個別化ヘルスケアの実現に貢献します。

 

櫻井 美佳 准教授 室長
木村 雅恵 助手 副室長

 

関連リンク

アレイ解析室設備案内