共同研究・産学連携

ToMMoと共同研究や産学連携、何らかのコラボレーションを希望される方向けのページです。なお試料・情報の分譲を希望される方はこちらをご覧ください。どんな試料・情報があるか詳しく知りたい方は TMMプレリサーチ をご検討ください。

コラボレーションの形態

ToMMoでは、創薬、ヘルスケア、その他様々な分野においてコラボレーションを行っております。コラボレーションの形態としては以下のようなものがあります。

01. 試料・情報分譲

分譲対象となる試料・情報を計画的に整備し、これを一定の手続のもとに国内の産学の研究者に提供するもので、研究実施にToMMoの研究者は関与しません。研究により生じた知的財産は利用者に帰属します。試料・情報分譲を希望される方はこちら

02. 共同研究(アカデミア / 企業)

利用者とToMMoの研究者が共同で試料・情報の収集・解析・利用等を行う場合で、以下のようなケースが該当します。
・ 利用者が、試料の新たな解析をToMMoと共同で実施することを希望する場合
・ 利用者が、分譲開始前の情報をToMMoと共同で整理・解析することを希望する場合
・ 利用者が、コホート参加者に関して新たな試料・情報の取得を希望する場合(アドオンコホート
これらの場合、得られたデータ等はバイオバンクに格納することが前提で、また、知的財産権はToMMoも保有します。

03. 学術指導、技術指導(アカデミア / 企業)

企業等から委託を受け、ToMMoの教員がその教育、研究及び技術上の専門知識に基づき指導助言を行い、業務や活動の支援をする場合です。

04. その他(多機関共同研究)

大規模な共同研究において、複数の企業とコンソーシアム等を形成して実施する場合です。

コラボレーションの支援
統合データベースdbTMM利用支援

統合データベースの閲覧その他の方法による研究計画立案の支援、ならびにTMM事業に対する試料・情報の分譲手続きおよびTMM事業との契約締結の支援を行う「支援事業者」を登録しています。支援の内容や費用については直接事業者にお問い合わせください。

「統合データベースdbTMM利用支援事業者登録制度」登録事業者リスト(2024年2月現在)
  登録日 登録事業者名 支援業務で扱う主な研究領域 事業者連絡先
1 2023/7/18 タカラバイオ株式会社 ヒトの疾患に関わる遺伝統計学的解析(ゲノムワイド関連解析、レアバリアント解析) タカラバイオ
お問い合わせページ
2 2024/2/1 株式会社スタージェン 医学・臨床データの統計解析全般、ヒトゲノムに関する遺伝統計解析全般(Post-GWAS 解析, ネオアンチゲン・driver 変異探索) スタージェン
お問い合わせページ
統合データベースdbTMM利用支援事業者登録制度

統合データベースdbTMM利用支援を行う事業者を登録する制度を、2023年4月から開始しています。「支援業務」を行うためには統合データベースdbTMM利用支援事業者としての登録が必要となります。ご興味がある方は、問い合わせ先までお問い合わせください。

問い合わせ先

共同研究等を検討されている方は、バイオバンク利活用・産学連携推進センター(tommo-sangaku*grp.tohoku.ac.jp (*を@に変えてください))までご連絡ください。

共同研究の流れ

1.事前相談
2.研究者との相談、研究概要書作成、機構内審査
3.研究計画書作成
4.各種委員会による審査
5.共同研究契約等締結

これまでの共同研究例
企業と共同開発を行いプロダクト化した例

ジャポニカアレイ® の開発(2015/6/25 最初の発表時のプレスリリース2019/9/17 ジャポニカアレイ® NEOのプレスリリース

詳細調査へのアドオンコホートの例

ヘルスケア製品を用いた健康データモニタリング(2017/5/23 共同研究開始時のプレスリリース

アンケート調査へのアドオンコホートの例

乳酸菌飲料および発酵乳の摂取状況のアンケート調査(2017/7/28 共同研究開始時のプレスリリース

複数の機関で協力体制を設立した例

統合解析コンソーシアムの設立(2021/7/7 コンソーシアムの設立時のプレスリリース

アカデミアとの共同研究例

順天堂大学の研究者が開発したスマートフォンアプリをコホート調査に追加(2021/8/4 共同研究開始時のプレスリリース