バイオバンク利活用・産学連携推進センター

バイオバンク利活用・産学連携推進センターは、複合バイオバンクに保管されている貴重な試料・情報を、分譲や共同研究により、全国の学術機関及び企業の研究者に利活用していただくために活動します。縦断的な健康調査から得られる試料・情報は、個別化医療・個別化予防の鍵となります。
利用者からの分譲に関する相談に対応し、利用申請手続をサポートすることに加え、製薬、食品、ヘルスケア等の産業界とのコラボレーションにも積極的に取り組んでいます。

 

泉 陽子 教授 センター長(兼 共同研究・産学連携推進担当)
大根田 絹子 教授 副センター長(兼 試料・情報分譲担当)
元池 育子 准教授(情報利活用担当)

 

関連リンク