東北メディカル・メガバンク機構

アレイ解析室

  • ToMMoとは?
  • 組織・メンバー
  • アレイ解析室
  • アレイ解析室は、東北メディカル・メガバンク計画のコホート調査により収集された生体試料からジャポニカアレイ®を用いてゲノムデータを取得し、ゲノム解析のための基盤を構築する役割を担っています。
    東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)では、上記コホート調査の協力者のみなさまから提供していただいた血液などの生体試料のうち2,049人分について次世代シークエンサーによる全ゲノム解析を実施し、「日本人ヒト全ゲノム解析に基づく高精度の住民ゲノム参照パネル(2,049人)」(2KJPN)を構築しました。パネルを構成する日本人の一塩基多型(Single Nucleotide Variants; SNVs)の総数は約2,800万で、このSNVデータに基づき日本人ゲノムの解析用ツールとしてジャポニカアレイ®が開発されました。ジャポニカアレイ®は完全カスタム・メードのマイクロアレイで日本人に特有の約66万SNVを搭載しており、効率よくハイスループットで日本人ゲノムを解析することができます。さらに、ジャポニカアレイ®で取得したSNVデータは、ToMMoの2,049人分の全ゲノムデータを参照したインピューテーション技術により全ゲノムの塩基配列解析に匹敵する遺伝型情報を推定できることが最大の特徴です。アレイ解析室は、ジャポニカアレイ®による解析を行いデータを蓄積することで個別化医療の実現に貢献します。

    檀上 稲穂 准教授 室長
    田宮 元 教授 室長代理
    櫻井 美佳 講師 副室長

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.10.23| 山本雅之機構長・荻島創一准教授らが執筆した実験医学増刊号『ヒト疾患のデータベースとバイオバンク』が発行されました 2017.10.20| 熊本こころのケアセンター・熊本県精神保健福祉センターの皆さまがToMMoを来訪されました 2017.10.20| 指定国立大学法人東北大学 未来型医療創成拠点(仮称)教員募集(11/16締切) 2017.10.19| 富士フイルムの戸田雄三取締役副社長らがToMMoを来訪されました 2017.10.18| 第6回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(11月16日)

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.