東北メディカル・メガバンク機構

さんぽ未知

さんぽ未知

第5回 DNAから古代がわかる

DNA分析は医療に利用されるだけではありません。あらゆる動植物の体に含まれているDNAは、動植物の種類を調べることができる物質です。そのために考古学や歴史学でDNA分析が使われています。

考古学にDNA分析が特に向いている理由は、DNAの丈夫さです。ミイラや化石の中にも、DNAは残っています。さらに動植物そのものではなく、加工した物、たとえば毛織物や木工品にだってDNAは含まれているのです。だから昔の人がどんな動植物から身の回りの道具を作っていたのかを、DNAから調べることができます。

そしてDNA分析が大きな力を発揮するのは、遺跡に残されたものを調べる時です。出土した家畜の骨や、水田跡の種籾、それに花粉の中にはDNAが含まれています。それを手がかりにして、麦や稲といった穀物や鶏のような家畜が、元々はどこの土地にルーツがある生き物で、いつの時代にどんなルートを通って別の地へ移動していったのかを考えることができます。

いまや考古学で、DNA分析は欠かせないツールになっています。最先端の科学技術が、古代の謎を解く手がかりになるのです。

 

さんぽ未知 記事一覧

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10) 2017.05.22| 第4回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(6月19日) 2017.05.22| Maureen E. Smith先生をお迎えしてセミナーを開催します(5/25) 2017.05.22| 知のフォーラム「AGING SCIENCE」で山本機構長と木下副機構長が講演しました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.