東北メディカル・メガバンク機構

さんぽ未知

さんぽ未知

第5回 DNAから古代がわかる

DNA分析は医療に利用されるだけではありません。あらゆる動植物の体に含まれているDNAは、動植物の種類を調べることができる物質です。そのために考古学や歴史学でDNA分析が使われています。

考古学にDNA分析が特に向いている理由は、DNAの丈夫さです。ミイラや化石の中にも、DNAは残っています。さらに動植物そのものではなく、加工した物、たとえば毛織物や木工品にだってDNAは含まれているのです。だから昔の人がどんな動植物から身の回りの道具を作っていたのかを、DNAから調べることができます。

そしてDNA分析が大きな力を発揮するのは、遺跡に残されたものを調べる時です。出土した家畜の骨や、水田跡の種籾、それに花粉の中にはDNAが含まれています。それを手がかりにして、麦や稲といった穀物や鶏のような家畜が、元々はどこの土地にルーツがある生き物で、いつの時代にどんなルートを通って別の地へ移動していったのかを考えることができます。

いまや考古学で、DNA分析は欠かせないツールになっています。最先端の科学技術が、古代の謎を解く手がかりになるのです。

 

さんぽ未知 記事一覧

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.01.20| 2KJPNを使用した論文が発表されています 2017.01.20| 第81回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(2月2日) 2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します 2017.01.18| 河北新報「医進伝心」に八重樫伸生機構長特別補佐のエッセーが掲載

Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.