オミックス解析室

病気に対するリスクを反映して血液中や尿中の量が変化するような物質を、疾患バイオマーカーと呼びます。この様な物質を測定することにより、病気の予防や早期発見に役立てることができます。オミックス解析室は、コホート調査の参加者からいただいた血液や尿を試料として、タンパク質や低分子化合物などの網羅的測定(オミックス解析と呼ばれます)を行うことにより、有用な疾患バイオマーカーを見つけることを目指しています。このようなオミックス解析は、先進的な個別化予防・個別化医療の実現とともに、病気の原因解明や治療法開発のためにも大変重要です。

小柴 生造 教授 室長

 

関連リンク

オミックス解析室設備案内