東北メディカル・メガバンク機構

オミックス解析室

  • ToMMoとは?
  • 組織・メンバー
  • オミックス解析室
  • 病気に対するリスクを反映して血液中や尿中の量が変化するような物質を、疾患バイオマーカーと呼びます。この様な物質を測定することにより、病気の予防や早期発見に役立てることができます。オミックス解析室は、コホート調査の参加者から頂いた血液や尿を試料として、タンパク質や低分子化合物などの網羅的測定(オミックス解析とよばれます)を行うことにより、有用な疾患バイオマーカーを見つけることを目指しています。このようなオミックス解析は、先進的な個別化予防・個別化医療の実現とともに、病気の原因解明や治療法開発のためにも大変重要です。

    小柴 生造 教授 室長

     

    関連リンク

    オミックス解析室設備案内

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2019.09.20| 第3回東北メディカル・メガバンク計画合同研究会が開催されました 2019.09.17| ジャポニカアレイ®NEOを開発 ~より広くさまざまな人々にゲノム解析が適用可能に~【プレスリリース】 2019.09.13| 「赤十字健康まつり2019」に参加します(9/28) 2019.09.13| 食事調査の調査協力者募集について「一般成人を対象とした食物摂取頻度調査票および24時間思い出しWeb食事調査の妥当性・再現性の検証」 2019.09.13| 第92回日本生化学会大会に出展します(9月18日(水)~20日(金))

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.