東北メディカル・メガバンク機構

河北新報 リレーエッセー 医進伝心 第67回

  • ToMMoとは?
  • 地域の方々へ
  • 河北新報 リレーエッセー 医進伝心
  • 河北新報 リレーエッセー 医進伝心 第67回
  • 健康を支えるタンパク分解システム/機能不全、病気の原因に

    2016年12月21日 掲載
    石田典子

    「タンパク分解」という言葉を知っていますか? 今年のノーベル医学生理学賞受賞で一躍有名となった「オートファジー(自食作用)」は、細胞内の長寿命のタンパク質を分解する仕組みの一つです。これに対し寿命が短めのタンパク質を分解する仕組みは「ユビキチン-プロテアソーム系」と呼ばれます。今回は健康を支えるこの仕組みの話です。
    私たちの体は多種多様な細胞からできており、その細胞が適切に増えることで体は成長し、また健康でいることができます。一つの細胞が分裂して二つの細胞が生み出される過程を「細胞周期」と呼びます。細胞周期が正常に回るためには、エンジン役のタンパク質とブレーキ役のタンパク質がきちんと機能する必要があります。つまり、エンジン役とブレーキ役の複数のタンパク質が、それぞれ適切なタイミングで作られて機能し、不要になったら速やかに分解されなくてはいけません。それを可能にしているのがユビキチン-プロテアソーム系のタンパク分解システムです。
    「ユビキチン」とは、適切な場所とタイミングのときだけ、不要となったタンパク質に付けられる目印です。その目印の付いたものだけが、「プロテアソーム」という巨大なタンパク質分解酵素によって速やかに分解されます。このシステムは細胞周期のみならず、さまざまな生命現象で働いています。その仕組みが壊れると、がんや神経性の病気などの原因となることが知られています。その原因に作用する薬も開発・認可され、実際に医療現場で使用されています。

    石田典子プロフィール
    リレーエッセー医進伝心

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2019.11.14| 個別化予防・疫学分野 教員 募集(1/15締切) 2019.11.14| ToMMo-Stanford大学シンポジウムが開催されました 2019.11.13| 経済産業省産業技術環境局より飯田祐二局長が来訪されました 2019.11.11| 子どもの発達に関する健康調査(予備的調査)を実施いたします 2019.11.11| 山本機構長の講演を基にした書籍『変容する世界ーゲノムバンク・ダークマター・ベーシックインカム』が発行されました

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.