東北メディカル・メガバンク機構

オミックス解析室

  • ToMMoとは?
  • 組織・メンバー
  • オミックス解析室
  • 病気に対するリスクを反映して血液中や尿中の量が変化するような物質を、疾患バイオマーカーと呼びます。この様な物質を測定することにより、病気の予防や早期発見に役立てることができます。オミックス解析室は、コホート調査の参加者から頂いた血液や尿を試料として、タンパク質や低分子化合物などの網羅的測定(オミックス解析とよばれます)を行うことにより、有用な疾患バイオマーカーを見つけることを目指しています。このようなオミックス解析は、先進的な個別化予防・個別化医療の実現とともに、病気の原因解明や治療法開発のためにも大変重要です。

    小柴 生造 教授 室長

     

    関連リンク

    オミックス解析室設備案内

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.10.24| Genome ELSI Kyoto 2017:International Symposium on Genomics and Society 開催のお知らせ(11/13-14) 2017.10.23| 三枝大輔講師らの執筆記事が日本質量分析学会の学会誌に掲載されました 2017.10.23| 第16回倫理・法令・社会連続セミナー(講師:及川正範先生(東京大学))を開催しました(9月4日) 2017.10.23| 卵巣明細胞癌に生じるゲノム異常に関する論文が掲載されました 2017.10.23| 山本雅之機構長・荻島創一准教授らが執筆した実験医学増刊号『ヒト疾患のデータベースとバイオバンク』が発行されました

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.