東北メディカル・メガバンク機構

オミックス解析室

  • ToMMoとは?
  • 組織・メンバー
  • オミックス解析室
  • 病気に対するリスクを反映して血液中や尿中の量が変化するような物質を、疾患バイオマーカーと呼びます。この様な物質を測定することにより、病気の予防や早期発見に役立てることができます。オミックス解析室は、コホート調査の参加者から頂いた血液や尿を試料として、タンパク質や低分子化合物などの網羅的測定(オミックス解析とよばれます)を行うことにより、有用な疾患バイオマーカーを見つけることを目指しています。このようなオミックス解析は、先進的な個別化予防・個別化医療の実現とともに、病気の原因解明や治療法開発のためにも大変重要です。

    小柴 生造 教授 室長

     

    関連リンク

    オミックス解析室設備案内

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2018.06.18| 大阪北部で発生した地震による被害のお見舞い 2018.06.18| 第14回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(7月19日) 2018.06.14| AMEDより国際事業部の皆さまが来訪 2018.06.13| 次世代医療の開発を加速! ゲノム医科学用供用スーパーコンピュータ AMED/ToMMoのシステムを拡張して全国利用体制を構築へ【プレスリリース】 2018.06.08| 第18回東北遺伝医学セミナー開催のお知らせ(7月3日)

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.