東北メディカル・メガバンク機構

試料・情報分譲室

  • ToMMoとは?
  • 組織・メンバー
  • 試料・情報分譲室
  • 試料・情報分譲室は、試料・情報分譲業務を円滑に推進するために設立されました。 現在ToMMoは地域住民コホート事業や三世代コホート事業を通じて生体試料および電子情報を収集し、複合バイオバンク構築を進めておりますが、収集された試料・情報は、将来、きちんとした形で研究者の方々に利活用して頂くための公的な物と考えています。 われわれの業務内容は、試料・情報分譲に関わるルールメイキングな事からMTA作成手続きなどの実務作業まで多岐にわたることから、様々な困難が予想されますが、円滑な職務遂行に向けて室員一丸となって邁進していきます。

    鈴木 吉也 教授 室長

     

    関連リンク

    1万人分のSNPアレイ情報の分譲を開始 ‐生体試料および健康調査情報等が分譲へ‐【プレスリリース】

    東北メディカル・メガバンク計画 バイオバンク利活用説明会開催(仙台・東京・名古屋・福岡・京都)のお知らせ(終了)

    東京でバイオバンク利活用説明会を開催しました

    名古屋、福岡、京都でバイオバンク利活用説明会を開催しました

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2018.01.23| 経済産業省 佐藤 文一 大臣官房審議官(産業技術環境局担当)が来訪されました 2018.01.22| 土井亨復興副大臣がToMMoを視察 2018.01.22| ニュースレターVol.18発行 2018.01.22| ゲノム解析部門が協力した、脳組織中の体細胞変異を検出し精神神経疾患の発症との関連を調べた研究成果が、Psychiatry and Clinical Neurosciences誌に掲載されました 2018.01.19| 宇留野晃准教授が医学部奨学賞 金賞、三島英換助教が銀賞を受賞

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.