東北メディカル・メガバンク機構

試料・情報分譲室

  • ToMMoとは?
  • 組織・メンバー
  • 試料・情報分譲室
  • 試料・情報分譲室は、試料・情報分譲業務を円滑に推進するために設立されました。 現在ToMMoは地域住民コホート事業や三世代コホート事業を通じて生体試料および電子情報を収集し、複合バイオバンク構築を進めておりますが、収集された試料・情報は、将来、きちんとした形で研究者の方々に利活用して頂くための公的な物と考えています。 われわれの業務内容は、試料・情報分譲に関わるルールメイキングな事からMTA作成手続きなどの実務作業まで多岐にわたることから、様々な困難が予想されますが、円滑な職務遂行に向けて室員一丸となって邁進していきます。

    鈴木 洋一 教授 室長

     

    関連リンク

    東北メディカル・メガバンク計画 バイオバンク利活用説明会開催(仙台・東京・名古屋・福岡・京都)のお知らせ(終了)
    東京でバイオバンク利活用説明会を開催しました
    名古屋、福岡、京都でバイオバンク利活用説明会を開催しました

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.01.20| 2KJPNを使用した論文が発表されています 2017.01.20| 第81回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(2月2日) 2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します 2017.01.18| 河北新報「医進伝心」に八重樫伸生機構長特別補佐のエッセーが掲載

    Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.