東北メディカル・メガバンク機構

企画室

  • ToMMoとは?
  • 組織・メンバー
  • 企画室
  • 企画室は、政府の復興事業の一環として当機構が行う各事業((1)被災地住民の健康不安の解消に貢献することを目指した医療関係人材の被災地への派遣や健康調査の実施、(2)健康調査によって収集した生体試料や健康情報、診療情報等を蓄積したバイオバンクの構築、(3)個別化予防・医療の実現を目指した、環境要因、遺伝子等と疾患の関連を明らかにする解析研究の実施)について、所期の目標達成に向けて事業が円滑に推進されるよう、当機構内の総合調整を図るとともに、機構全体にかかわる基本的な戦略の企画・立案・推進を担当します。 企画室は、機構長の直下に置かれ、各部門、各室における取組が一体的なものとなるよう、機構長のマネージメントをサポートします。

    川口 悦生 特任教授 室長

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10) 2017.05.22| 第4回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(6月19日) 2017.05.22| Maureen E. Smith先生をお迎えしてセミナーを開催します(5/25)

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.