東北メディカル・メガバンク機構

河北新報 リレーエッセー 医進伝心 第30回

  • ToMMoとは?
  • 地域の方々へ
  • 河北新報 リレーエッセー 医進伝心
  • 河北新報 リレーエッセー 医進伝心 第30回
  • タンパク質を「比べる」医学/健康状態の診断が可能

    2015年5月20日 掲載
     加藤恭丈

    突然ですが、あなたは、「タンパク質」と聞かれて、何を連想しますか? 例えば、お肌を気遣う方なら「コラーゲン」、筋肉増進を目指す方なら「プロテイン」という感じで、実は「サプリメント」として身近に存在しています。さらに、もっと身近な話をするならば、私たちの身体のほとんどが「タンパク質」から構成されています。
    では、タンパク質は一体何からできているのでしょう? その答えは、「アミノ酸」です。アミノ酸は20種類ほどあり、この組み合わせから多種多様なタンパク質が作り出されます。しかし、私たちは全てのアミノ酸を、体内で十分に持ち合わせることができません。そのために私たちは、これらを食事やサプリメントから補給しなければなりません。
    ところで、健康診断のとき、「次は採血しましょう」と言われて、血液検査を受けていらっしゃるはず。では、どうして血液から健康状態が分かるのでしょう? 血液の中には、赤血球やリンパ球、脂質(コレステロール)や糖質だけでなく、タンパク質も含まれています。血液中のタンパク質は、多種多様かつ存在量もバラバラで、一番多いのが「アルブミンと免疫グロブリン」です。臓器由来のタンパク質も溶け込んでいます。例えば血液検査では、肝臓由来のタンパク質の量やその性質(酵素活性)を、健常な方と疾患の方との間で比較して、「肝機能」を評価することができます。
    私たちの身体のタンパク質は、健康維持には必要不可欠なものです。そして、血液検査によって、医学的にその動態を評価することができるのです。

    リレーエッセー医進伝心 一覧

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.10.23| 三枝大輔講師らの執筆記事が日本質量分析学会の学会誌に掲載されました 2017.10.23| 第16回倫理・法令・社会連続セミナー(講師:及川正範先生(東京大学))を開催しました(9月4日) 2017.10.23| 卵巣明細胞癌に生じるゲノム異常に関する論文が掲載されました 2017.10.23| 山本雅之機構長・荻島創一准教授らが執筆した実験医学増刊号『ヒト疾患のデータベースとバイオバンク』が発行されました 2017.10.20| 熊本こころのケアセンター・熊本県精神保健福祉センターの皆さまがToMMoを来訪されました

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.