東北メディカル・メガバンク機構

東北大学東北メディカル・メガバンク機構倫理委員会

  • 倫理面の検討
  • 東北大学東北メディカル・メガバンク機構倫理委員会
  • 本委員会について

    東北大学東北メディカル・メガバンク機構倫理委員会は、機構長により諮問され、独立性を保証された委員会であり、当機構に所属する研究者*1が行う研究につき、その倫理性を検討する、施設内倫理審査委員会です。
    審査においては、研究参加者の権利や利益を保護するとともに、研究自体の科学的妥当性・その必要性、ならびに当該研究が人倫、すなわち人の倫、に外れていないかについて、重点的に審査をいたします。
    本委員会では、機構を主たる所属とする研究者が主導する研究のうち、東北メディカル・メガバンク計画とは無関係の研究の審査も行うことがあります。また、本委員会が発足する前に医学系研究科倫理委員会で所掌されていた、東北メディカル・メガバンク機構の教員による申請案件については、2014年7月に本委員会にすべて移管されております。

    *1:ここでいう「研究者」とは、助教以上の常勤の教員のことを指します。

    平成29年度委員会開催概要

     

    平成28年度委員会開催概要

     

    平成27年度委員会開催概要

     

    平成26年度委員会開催概要

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.10.23| 三枝大輔講師らの執筆記事が日本質量分析学会の学会誌に掲載されました 2017.10.23| 第16回倫理・法令・社会連続セミナー(講師:及川正範先生(東京大学))を開催しました(9月4日) 2017.10.23| 卵巣明細胞癌に生じるゲノム異常に関する論文が掲載されました 2017.10.23| 山本雅之機構長・荻島創一准教授らが執筆した実験医学増刊号『ヒト疾患のデータベースとバイオバンク』が発行されました 2017.10.20| 熊本こころのケアセンター・熊本県精神保健福祉センターの皆さまがToMMoを来訪されました

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.