• TOP
  • > 参加されている方へ

参加されている方へ

これから実施する調査のお願い

本事業の主な目的である、みなさまの健康づくりに役立つ個別化予防・個別化医療など次世代予防・次世代医療を開発するためには、みなさまのこれからの健康状態を長期にわたって正確に把握していく必要があります。そのため半年から1年ごとに郵送させていただく「調査票」、お子さんが5歳、10歳、16歳くらいの時に行う「詳細検査」にご協力をお願いいたします。

これからどんな調査をするの?

三世代コホート調査は長期にわたって続いていきます。調査の内容は、「子ども」「お母さん」「お母さん以外のおとな(お父さん、おばあさん、おじいさん等)」によって異なります。それぞれの方がこれから実施する調査についてご説明します。

調査項目について

  • 産院
  • 自宅
  • 地域支援センター

調査項目一覧(子ども)

※時期は検査を受けるお子さん本人の年齢が基準になります。
(例)半年~1年ごと:お子さんの誕生日に合わせ、半年~1年ごと

時期 生まれてきた
お子さん
生まれてきた
お子さんのごきょうだい
半年~1年ごと(4歳まで) 自宅調査票
検査を受けるお子さん本人の年齢が5歳

自宅調査票

地域支援センター採尿、採血または唾液採取、身長測定、体重測定、腹囲測定、頭囲測定、聴力検査、眼軸長検査、口腔内検査(歯垢採取を含む)、心電図検査、仙台子どもけんこうスクエアではさらに、視力・屈折検査 および 社会性発達評価検査発達検査(上記検査とは別にご案内いたします)

検査を受けるお子さん本人の年齢が6歳、以後1年ごと(9歳まで) 自宅調査票
検査を受けるお子さん本人の年齢が10歳、16歳くらい

自宅調査票

地域支援センター採尿、採血または唾液採取、血圧測定、身長測定、体重測定、腹囲測定、頭囲測定、握力測定聴力検査、眼軸長検査、骨密度検査口腔内検査(歯垢採取を含む)、呼吸機能検査心電図検査、仙台子どもけんこうスクエアではさらに、視力・屈折検査 および 社会性発達評価検査発達検査(上記検査とは別にご案内いたします)

検査を受けるお子さん本人の年齢が11歳、17歳、以後1年ごと(19歳まで) 自宅調査票

調査項目一覧(お母さん)

※時期は生まれてきたお子さんの年齢が基準になります。
(例)生後1ヶ月:生まれたお子さんの誕生日に合わせ、生後1ヶ月

時期 お母さん
生まれたお子さんが生後1ヶ月

自宅調査票

産院採血、採尿、母乳採取

生まれたお子さんが生後1ヶ月以降(希望者のみ)

地域支援センター身長測定、体重測定、体組成検査骨密度検査聴力検査眼の検査、タブレット型調査、推定中心血圧検査呼吸機能・抵抗検査口腔内検査頸動脈超音波検査握力測定MRI検査、認知心理検査(MRI検査実施の方のみ)、母乳採取、心電図検査呼気NO検査

自宅歩数測定、家庭血圧測定

生まれたお子さんが生後6ヶ月、1年、以後1年ごと(4歳まで) 自宅調査票
生まれたお子さんが5歳

自宅調査票

地域支援センター採血、採尿、身長測定、体重測定、体組成検査骨密度検査聴力検査眼の検査、タブレット型調査、推定中心血圧検査呼吸機能・抵抗検査口腔内検査頸動脈超音波検査握力測定MRI検査、認知心理検査(MRI検査実施の方のみ)、便採取(一部の方)、心電図検査呼気NO検査味覚機能検査

自宅歩数測定、家庭血圧測定

生まれたお子さんが6歳、以後1年ごと(9歳まで) 自宅調査票

調査項目一覧(お母さん以外のおとな)

※時期は生まれてきたお子さんの年齢が基準になります。
(例)生後1ヶ月:生まれたお子さんの誕生日に合わせ、生後1ヶ月

時期 お母さん以外のおとな
登録時

自宅調査票

産院採血または唾液、採尿

登録時(希望者のみ)

地域支援センター身長測定、体重測定、体組成検査骨密度検査聴力検査眼の検査、タブレット型調査、推定中心血圧検査呼吸機能・抵抗検査口腔内検査頸動脈超音波検査握力測定MRI検査、認知心理検査(MRI検査実施の方のみ)、便採取(一部の方)、心電図検査呼気NO検査

自宅歩数測定、家庭血圧測定

生まれたお子さんが1歳、以後1年ごと(4歳まで) 自宅調査票
※お父さんには生まれたお子さんが6ヵ月の時もご協力をお願いしています
生まれたお子さんが5歳

自宅調査票

地域支援センター採血、採尿、身長測定、体重測定、体組成検査骨密度検査聴力検査眼の検査、タブレット型調査、推定中心血圧検査呼吸機能・抵抗検査口腔内検査頸動脈超音波検査握力測定MRI検査、認知心理検査(MRI検査実施の方のみ)、便採取(一部の方)、心電図検査呼気NO検査味覚機能検査

自宅歩数測定、家庭血圧測定

生まれたお子さんが6歳、以後1年ごと(9歳まで) 自宅調査票

調査項目の説明

三世代コホート調査に参加されたみなさまに実施する調査項目についてご説明いたします。一部の項目については、お一人ごとの調査結果を作成し郵送します。すべての項目について結果をお返しするわけではありません。

調査票

調査票(アンケート票)の、すべての項目にご記入のうえ、ご郵送いただきます。調査票は参加者の健康状態や生活環境(食事等)に関するアンケートです。調査の時期によりアンケートの内容は異なります。

一部の調査票はWebでの回答が可能です。郵送した案内をご確認ください。

結果の見かたについて

採血または唾液採取

血液をご提供いただきます。
(採血が苦手な方や子どもは唾液の場合もあります。)

結果の見かたについて

臍帯血採取

お預かりした臍帯血を保存・活用して、病気の原因を明らかにしたり、体質に合った治療法を調べる研究を行います。
現在の体制ではみなさま一人ひとりに結果を回付できる状況ではありませんが、早い段階での結果回付体制の構築を目指します。

母乳採取

母乳に含まれるアミノ酸等を測定します。

握力測定

握る力を測定することにより、どのくらい筋力があるか調べます。

聴力検査

防音室で片耳ずつ音の聴こえを調べます。

骨密度検査

足のかかとの骨密度を測る装置を用いて、骨が強いか弱いかを調べます。

結果の見かたについて

口腔内検査

歯や歯茎など、口の中の健康状態を調べ、虫歯と歯周病の検査をします。

発達検査

お子さんの発達や成長の状況を確認します。
検査は、検査者と話したり遊んだりするような雰囲気で行われます。

体組成検査

ボディコンポジションアナライザーという装置を用いて、骨格、脂肪、筋肉など、体内の成分を調べます。

眼底検査

非接触眼圧計や光干渉式眼軸長測定装置などを用いて、眼圧など、目の状態を調べます。

結果の見かたについて

推定中心血圧検査

中心血圧計を用いて、心臓に近い位置での血圧(中心血圧)を推定します。

呼吸機能・抵抗検査

スパイロメーターおよびモストグラフという装置を用いて肺活量や呼吸の状態・機能が正常かどうかを調べます。
(妊娠期は体への負担を考慮し、モストグラフを用いた呼吸抵抗検査のみ実施しました。)

頸動脈超音波検査

超音波診断装置を用いて、頚動脈の状態をエコーで調べます。

心電図検査

誘導心電図計という装置を用いて、心臓の機能を調べます。

呼気NO検査

吐く息(呼気)に含まれる一酸化窒素(NO)の濃度を測定することで、ぜんそくの傾向を調べます。

視力・屈折検査(仙台子どもけんこうスクエア)

角膜を検査して、遠視・近視・乱視の程度を調べます。

社会性発達評価検査(仙台子どもけんこうスクエア)

映像を見ている間の視線の動きから、社会性の発達の程度を調べます。現在は、まだ社会性の発達の程度についてお返しできる状況が整ってはおりませんのでご了承いただけますようお願いいたします。

MRI検査(仙台センター)

各地域支援センターでの詳細検査に参加された方の中でMRI検査を希望された方に対して、頭部と腰、膝などの撮像を行います。
MRI検査には条件があり、受けられない場合もございます。詳しくはQ&A 脳と心の健康調査は誰でも受けることが出来ますか?をごらんください。

味覚機能検査(石巻・岩沼・多賀城センター)

塩分に関する感受性を調べます。

登録内容に変更があったときには?

参加登録時の住所から引っ越したり、通っている医療機関が変更になった場合、ご参加いただいているご家族で亡くなられた方がいらした場合について

調査への協力を取りやめるには?

調査への協力を取りやめる場合の手続きについて

検査結果について

遺伝情報以外の検査結果の回付(お知らせ)は、検査後3か月程度で郵送いたします。遺伝情報の回付については検討中です。

調査をもとに実施されている研究

調査をもとに様々な研究が実施されています。東北メディカル・メガバンク事業にご協力いただいた皆さまよりお預かりした試料・情報の利用状況について公開しています。

個人情報の取り扱いなど

倫理面への配慮、個人情報の匿名化について

地域支援センター

地域支援センターは宮城県内に7箇所ございます。
センターの場所と連絡先をご案内いたします。

よくあるご質問と回答

皆さまから寄せられたご質問とその回答をまとめております。
お問い合わせの前にご確認ください。