東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2018.09.05

ゲノム医療情報学分野 教員 募集(10/31締切)

東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)は、東北メディカル・メガバンク(TMM)計画にしたがって、岩手医科大学と協力して、15万人の前向きゲノムコホートを形成し、生体試料と健康調査情報、診療情報を収集し、ゲノム医療研究の研究基盤であるバイオバンクを構築しています。また、解析センターを併せもち、大規模な全ゲノム解析やアレイ解析、オミックス解析を実施し、高精度で網羅的な解析情報を産生しています。こうして産生した大規模なゲノム・オミックス情報、収集した健康調査情報(基本属性情報、調査票による生活習慣や環境要因の情報、血液・尿の検体検査情報、生理学検査情報、MRI画像情報)、診療情報を統合したデータベースを構築しています。これにより、個人毎の遺伝要因、環境要因等の違いにも基づくゲノム医療の実現に向けた研究開発を推進しています。
ゲノム医療情報学分野は、世界的にも類を見ない、15万人の大規模なゲノム・オミックス情報、健康調査情報、診療情報の統合データベースdbTMMと人工知能技術の適用、ゲノム医療の知識ベースの構築に取り組んでいます。また、医療機関と連携して診療情報を収集し、診療情報やゲノム・オミックス情報を統合し、人工知能技術を活用した精密な病態分類(フェノタイピング)の、非常に新しいゲノム医療研究開発に取り組んでいます。本公募では、こうしたゲノム医療における情報学の研究開発に意欲的に取り組む助教、助手または講師を募集します。

募集人員:若干名

採用予定日:採用決定後できるだけ早い時期(平成31年1月以降)

職名:助教、助手または講師

職務内容:
1. 大規模なゲノム・オミックス情報、健康調査情報、診療情報の統合データベースの研究開発と人工知能技術の適用、ゲノム医療の知識ベースの構築
2. 上記の情報を統合し、人工知能技術を活用した精密な病態分類(フェノタイピング)の解析手法の研究開発
3. これらに関連する研究開発

応募資格:
1. 博士(助教、講師の場合)または学士以上(助手の場合)の学位を取得、あるいは着任時までに取得見込であること。
2. バイオインフォマティクス、ビッグデータ解析、人工知能技術、医療情報学、または関連する分野で経験および知識を有し、上記の非常に新しい研究開発の職務内容に興味があること。
3. プログラミング能力を有すること。Perl/Python/R/Java/SQLのいずれかのプログラミング言語について使用経験があること。
4. 他の共同研究者と協調性をもって研究目標の達成に向けた努力ができること。

提出期限:平成30年10月31日(水)
     ※ 適任者が見つかり次第、公募を締め切ります。

詳細は 公募要項 をご覧ください。
履歴書・業績目録は こちら からダウンロードしてください。

問合せ先

待遇等に関する問合せ先: 総務係  電話022-728-3964
職務内容に関する問合せ先: 荻島 創一   電話022-274-6038
               Mail:ogishima*megabank.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください)

関連リンク

 

 

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2018.09.19| 未知のなかば「道なき未知」を更新しました 2018.09.18| 三世代コホート調査 ニュースレター Vol.11 発行 2018.09.14| 内閣官房健康・医療戦略室の皆さまと鎌田光明東北厚生局長が来訪されました 2018.09.12| 経済産業省、産業技術総合研究所、製品評価技術基盤機構の皆さまが来訪されました  2018.09.11| 東北大学ポケットガイド「テクルペ」に荻島教授のコラムが掲載されました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.