東北メディカル・メガバンク機構

COI東北連携室

  • ToMMoとは?
  • 組織・メンバー
  • COI東北連携室
  • COI東北連携室は、東北メディカル・メガバンク機構とCOI東北との連携を推進します。
    当機構では、15万人規模のコホートを通して得られた環境・ゲノム・医療等の情報や生体試料を基盤として、個別化医療・個別化予防を目指しています。一方COI東北では、個人の行動や健康状態を負担なく取得可能なセンサの開発を進めており、センサデータとゲノム情報等を統合することで、自分だけでなく家族の生活や健康の状態を知り、よりよい変化をもたらす社会を目指しています。
    当室では、この二つの取り組みの連携を進めることで、個人のゲノムの多様性や生活習慣に基づく日常のさりげない健康チェックを通した、個別化予防・医療までつながる枠組みの実現に貢献します。

    樋口 晋一 特任教授 室長
    元池 育子 准教授 副室長

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.12.08| ウェブサイト閲覧一時停止のお知らせ(12/9) 2017.12.08| サイエンスアゴラにドラマ「遺伝学的検査が家にやってくる!?」を出展しサイエンスアゴラ賞を受賞しました 2017.12.05| 沖縄科学技術大学院大学Peter Gruss学長がToMMoを来訪されました 2017.12.05| 第84回インシリコ・メガバンク研究会東芝共同研究 量子暗号通信セミナー セキュリティセミナー開催のお知らせ(12/14) 2017.12.04| 東北大学災害復興新生研究機構シンポジウム 「震災復興と創造・変革の先導を目指して」開催のお知らせ(2018年2月2日)

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.