東北メディカル・メガバンク機構

「東日本大震災から3年を迎えて」(2014年3月)

  • ToMMoとは?
  • ご挨拶
  • 「東日本大震災から3年を迎えて」(2014年3月)
  • 東日本大震災から3年を迎えて

    img-greetings01

    この東北において、多くの命が失われ、多くの形あるものが壊され、多くの人々の運命が変えられてしまったあの日から、3年が過ぎました。地震、津波の犠牲となられた方々に、あらためて哀悼の意を表します。

    私たちは、日本中、世界中の方々から様々なご支援をいただきながら、復興に至る長い道程を少しずつ、歩んできました。津波被災地には、まだ更地が目立つ状況ですが、前を向いて進もうとする気持ちは、東北の人々の共通の思いとなっています。

    東北大学 東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)も、設立後2年が経過しました。ToMMoから多くの医師たちがクリニカル・フェローとして沿岸被災地に赴き地域医療支援に従事してきました。また、私たちの長期健康調査(ゲノムコホート調査)には1万人を超える方々の協力を得ています。地域医療の復興の一翼を担い、地域の人々の健康を見守るというToMMoの思いは、少しずつですが実を結び始めました。

    被災後3年を過ごした住民の皆様の心と身体の健康には、震災当初とは違った懸念が現れてきています。3年という節目を迎えた今、ToMMoは、これまで以上に皆様の健康を注意深く見守り、復興を後押ししていきたいと考えています。

    私たちToMMoは、今後も被災された皆様と一体になって東北の未来を築き上げていこうという思いを胸に、たゆみない前進に向けて決意を新たにしています。

    2014年3月11日
    東北大学 東北メディカル・メガバンク機構長
    山本 雅之

     

     

     

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.05.25| 災害交通医療情報学寄附研究部門 技術補佐員 募集(7/28締切) 2017.05.25| 地域住民コホート室 技術補佐員 募集(6/9締切) 2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10)

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.