東北メディカル・メガバンク機構

ゲノムプラットフォーム連携センター

  • ToMMoとは?
  • ゲノムプラットフォーム連携センター
  • ゲノムプラットフォーム連携センターは、全国のゲノム医療研究者、ゲノムコホート研究者と連携し、日本のゲノム医療研究水準の向上に資することを目的としています。スーパーコンピュータ等の研究基盤を全国の研究者の利活用に供することを通じて、東北メディカル・メガバンク計画および他のバイオバンク等と連携を推進し、得られた成果を次の連携に供する循環を行うことで、解析基盤を強化しながら、日本のゲノム医療の基盤として提供していきます。

    センター長よりご挨拶

    photo_kinoshita

    当センターでは、ゲノム・オミックス情報や健康情報を活用した個別化医療の実現に向けて、基礎から応用まで幅広い研究の支援や共同研究を通じ、研究者の連携を推進します。国内外のウェット系研究者、ドライ系研究者および多様な背景を持った学生が一丸となって同じ研究課題解決に取り組むことで、当センターが、互いの専門性を生かしながら、互いに実りある人材交流の場となればと思っています。

    ゲノムプラットフォーム連携センター長
    木下賢吾

     

    遠隔セキュリティルームの運用

    ToMMoに設置されたスーパーコンピュータへ他の研究機関からもアクセスできるように整えた遠隔セキュリティルームの運用を2016年12月から開始しています。
    これにより、当計画から生み出された膨大なデータやToMMoの計算資源を全国の研究者の皆様とよりスムーズにシェアできます。
    詳しくはこちら

     

    共同研究の公募

    当センターでは、研究基盤を全国の研究者の利活用に供する事を目的として、現在下記の共同研究の公募をしております。

    公募詳細
    [2016-1-001] 東北大学 東北メディカル・メガバンク機構の情報解析基盤を用いた個別化医療・個別化予防等の科学技術の促進

    → この募集は、2016/9/30 に締め切りました。次の募集をお待ちください。
      ※参考資料
      募集要項 (PDF)
      共同研究公募申請書 (MS Word / PDF)
      セキュリティポリシーチェックリスト (MS Excel / PDF)

    [2016-1-002] Variant of Uncertain Significance(VUS)についての機能ゲノム解析

    → この募集は、2016/9/30 に締め切りました。次の募集をお待ちください。
      ※参考資料
      募集要項 (PDF)
      共同研究公募申請書 (MS Word / PDF)
      セキュリティポリシーチェックリスト (MS Excel / PDF)

    [2016-1-003] 口腔内プラークのメタゲノム解析における効率的データ取得のための方法論の開発

    → この募集は、2016/9/30 に締め切りました。次の募集をお待ちください。
      ※参考資料
      募集要項 (PDF)
      共同研究公募申請書 (MS Word / PDF)
      セキュリティポリシーチェックリスト (MS Excel / PDF) *なお、解析の範囲と方法によってはより簡易なチェックリストが適用されます。

    [2016-1-004] 質量分析法による網羅的メタボローム測定データの未同定ピークの解析・同定

    → この募集は、2016/9/30 に締め切りました。次の募集をお待ちください。
      ※参考資料
      募集要項 (PDF)
      共同研究公募申請書 (MS Word / PDF)
      セキュリティポリシーチェックリスト (MS Excel / PDF)

    [2016-1-005] ゲノム・オミックス情報と血漿試料を用いた個別化血漿プロテオミクス解析

    → この募集は、2016/9/30 に締め切りました。次の募集をお待ちください。
      ※参考資料
      募集要項 (PDF)
      共同研究公募申請書 (MS Word / PDF)
      セキュリティポリシーチェックリスト (MS Excel / PDF)

    共同研究締結時の覚書または契約書について

    各共同研究締結時には以下の覚書または契約書を雛形にした双方の同意が必要になります。共同研究の費用の目安は 平成28年度共同研究費用の目安 を参照ください。
     東北大学学内の場合 共同研究覚書(MS Word / PDF
     東北大学と学術機関の場合 共同研究契約書雛形(対学術機関用)(MS Word / PDF
     東北大学と営利機関の場合 共同研究契約書雛形(対営利機関用)(MS Word / PDF

    これまでに実施した共同研究

    2016年8月までの共同研究募集回数・・・5回
    2016年8月までの共同研究契約件数(累計)・・・31件

     

    これまでの成果

    成果として下記等の論文が出版されています。

    A comprehensive genomic analysis reveals the genetic landscape of mitochondrial respiratory chain complex deficiencies
    Kei Murayama, Akira Ohtake, Yasushi Okazaki, et al.
    PLOS Genetics: Published: January 7, 2016
    DOI: 10.1371/journal.pgen.1005679
    (本研究は、埼玉医科大学の研究グループの主導のもと、共同研究として行われました。 解説ページ)

    Fine-mapping analysis revealed complex pleiotropic effect and tissue-specific regulatory mechanism of TNFSF15 in primary biliary cholangitis, Crohn’s disease and leprosy
    Yonghu Sun, et al.
    Scientific Reports 6, Article number: 31429 (2016)
    DOI: 10.1038/srep31429
    (本研究は、共同研究公募に東京大学徳永教授が応募したことから得られました。 解説ページ)

     

     メンバー

    木下 賢吾 教授 センター長
    田邉 修 教授 副センター長

     

    お問い合わせ

    電話:022-274-5952(平日9時~17時)
    eメール:contact*gpc.megabank.tohoku.ac.jp (*を@に変えて下さい)

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.01.20| 2KJPNを使用した論文が発表されています 2017.01.20| 第81回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(2月2日) 2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します 2017.01.18| 河北新報「医進伝心」に八重樫伸生機構長特別補佐のエッセーが掲載

    Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.