東北メディカル・メガバンク機構

河北新報 リレーエッセー 医進伝心 第29回

  • ToMMoとは?
  • 地域の方々へ
  • 河北新報 リレーエッセー 医進伝心
  • 河北新報 リレーエッセー 医進伝心 第29回
  • 環境や遺伝から解明される過敏性腸症候群/ストレスがスイッチに

    2015年5月6日 掲載
    田中由佳里

    大事な試合や試験の前、または通勤途中に腹痛が起こり、つらい思いをしたことがある。そのようなご経験をされた方は過敏性腸症候群(IBS)かもしれません。最近3カ月以上にわたり、月3回以上腹痛あるいは腹部不快感があり、その時の排便頻度や便の状態に変化が見られ、排便で楽になる。成人の約15%がこの基準に当てはまるとされ、とても身近な疾患です。
    IBSの病態にストレス関連ホルモンが密接に関連しています。中でも、脳の視床下部から放出される副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)は、腸の運動や知覚を亢進(こうしん)させます。近年この脳-腸の関係とCRHの影響について、脳機能画像検査を用いた研究が活発に行われています。大腸を刺激した時に脳活動を観察すると、健常者に比べて、IBS患者は内臓に関連する部位だけではなく、不安やネガティブな感情に関わる扁桃(へんとう)体や海馬、前頭前野などの領域も、より活動していました。一方CRHの働きを抑える、CRH受容体拮抗(きっこう)薬を投与すると腹痛が改善し、脳活動も健常者とほぼ同等になりました。繰り返すストレス刺激によって、CRHなどのストレス関連物質が頻繁に放出され、体にスイッチが入りやすい状態になっていると考えられます。
    IBSの発症について遺伝的要因と環境要因の関連が言われています。上記のようなストレス関連ホルモンと脳腸相関に加えて、私たちの遺伝的特徴や、食事や生活様式などの関連を解析することで、病態のさらなる解明や治療法開発を目指しています。

    田中由佳里プロフィール
    リレーエッセー医進伝心 一覧

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.05.25| 災害交通医療情報学寄附研究部門 技術補佐員 募集(7/28締切) 2017.05.25| 地域住民コホート室 技術補佐員 募集(6/9締切) 2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10)

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.