東北メディカル・メガバンク機構

地域住民コホート

  • ToMMoとは?
  • 活動内容
  • バイオバンク関係事業
  • 地域住民コホート
  • 地域住民コホート地域住民コホートは、東日本大震災後の被災地域住民の健康を見守ることを目的にした長期健康調査です。 東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)は地域住民コホート調査を2013年5月20日に開始しました。ToMMo地域支援センターと一部の特定健診会場で、宮城県にお住まいの20歳以上の方にお声掛けし、参加を希望される方には調査に関する詳しい説明の上、ご本人の同意の後に、生活習慣などについての調査票への記入と、採血・採尿などの検査にご協力をお願いしました。これまで5万人以上の方々にご参加いただきました。また、約1年毎に健康状況などについての調査票を送付し引き続きご協力をお願いしています。 ToMMoでは、参加される方の健康増進に貢献するため、健康づくりに役立つことが明らかになっている項目について、検査結果をお返ししています。また、その検査結果をもとに、医療機関への受診のお勧めや、生活習慣上のアドバイスなどをさせていただくこともあります。 この地域住民コホート調査を通して、ToMMoは宮城県の方々の健康状態の把握と病気の早期発見・早期治療を目指しつつ、個別化予防・医療(個人の体質に合わせた最適な予防・医療)を切り開いていきたいと考えています。 なお個別化予防・医療の実現のため、頂いた血液などの生体試料の一部については、遺伝子解析を行い、生活習慣と遺伝子がどのように病気と関連するかを調査します。 また、血液などの生体試料及び健康に関する情報は、厳重な個人情報保護のルール(匿名化(とくめいか)等)のもと、「バイオバンク」において一括して保存・管理され、全国の研究者が活用できるようにして、さまざまな解析研究に用いられます。 このバイオバンクは、個別化予防・医療の開発基盤となり医学を発展させることを目指しています。 (岩手県でも岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構により地域住民コホートが行われています。)

    プレスリリース・論文 一覧

    関連リンク

     

     

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10) 2017.05.22| 第4回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(6月19日) 2017.05.22| Maureen E. Smith先生をお迎えしてセミナーを開催します(5/25)

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.