東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ|一覧

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2016.08.22
児玉栄一教授らは、薬剤耐性HIV(後天性免疫不全ウイルス)に効果を示す、新薬候補の機序を国際共同研究で解明しました
児玉栄一教授(地域医療支援部門、災害科学国際研究所災害感染症学分野)は、ミズーリ大学、熊本大学、ピッツバーグ大学などとのタンパク構造解析共同研究によって、新しい抗HIV薬候補(EFdA/MK-8591)が、薬剤耐性HIV […]
2016.06.28
児玉栄一教授らの研究をもとに新しい抗HIV薬が承認されました
児玉栄一 教授(地域医療支援部門、災害科学国際研究所災害感染症学分野)が日本たばこ産業株式会社(JT)と共同研究した抗HIV薬(エルビテグラビル:HIVインテグラーゼ阻害剤)を含む「ゲンボイヤ配合錠」が、2015年11月 […]
2016.06.22
IRIDeSと兼任のToMMoメンバーらが熊本を訪問、地震対策に関して熊本大学、医療関係者との打合せを行いました
平成28年6月17日(金)~19日(日)、IRIDeSと兼任のToMMoメンバー富田博秋教授、栗山進一教授、千田浩一教授、児玉栄一教授が熊本を訪問し、地震対策に関して熊本大学、医療関係者との打合せを行いました。 熊本地震 […]
2015.11.11
ToMMoクリニカル・フェローの児玉医師らが哺乳類初期胚で新たな遺伝子発現制御の仕組みを解明
東北メディカル・メガバンク機構のToMMoクリニカル・フェローの児玉栄一医師と理化学研究所(理研)バイオリソースセンター遺伝工学基盤技術室の小倉淳郎室長、畑中勇輝特別研究員らの共同研究チームは、マウスで着床前に発現すると […]
2015.08.06
微生物における生合成中間体を修飾した化学合成法の確立~抗ウイルス剤への応用~
東北メディカル・メガバンク機構のToMMoクリニカル・フェローの児玉栄一医師らのグループは、東北大学大学院薬学研究科、農学研究科、岩手医科大学と共同研究にて、医薬品候補となる化合物を微生物が作り出す生合成中間体を利用して […]
2013.04.17
ToMMoクリニカル・フェローの児玉栄一講師が研究したHIV感染治療薬「スタリビルド配合錠」が国内承認されました
ToMMoクリニカル・フェローの児玉栄一講師(東北大学大学院医学系研究科宮城地域医療支援寄附講座 兼務)が京都大学在籍中に日本たばこ産業株式会社(JT)と共同研究した抗エイズ薬(エルビテグラビル:HIVインテグラーゼ阻害 […]

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.01.20| 2KJPNを使用した論文が発表されています 2017.01.20| 第81回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(2月2日) 2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します 2017.01.18| 河北新報「医進伝心」に八重樫伸生機構長特別補佐のエッセーが掲載

Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.