東北メディカル・メガバンク機構

さんぽ未知

さんぽ未知

第2回 何で男女を区別していますか?

男性でもピンクの服を着たり女性でもネクタイをしたり、いまや見た目で性別を区別するのはかなり困難。「いやいや、男性には女性は持っていないY染色体というものがあってね。」おやおや、どこかでうんちくが始まったようです。そう、そのとおり。たとえ見た目に区別がつかなくとも、Y染色体が代表するように、男女には生まれつきの違い、つまり遺伝子の違いがあります。

ちょっと待った!オスメスの違いが生まれつきかというと、そうとも限りません。たとえばクマノミ。テレビでもよく見かける、イソギンチャクに住む人気者の魚です。このクマノミ、集団の中で一番大きい個体がメス、二番目に大きい個体がオスでこの2匹がペアとなります。そしてメスが死ぬと、なんと夫だったオスがメスに性転換するのです。

え?Y染色体がXに変わっちゃうの? いいえ、そんなことはありません。クマノミは、哺乳類のY染色体にあるような性決定遺伝子は持たないといわれています。Y染色体イコール“オス”という印象があるかもしれませんが、生物の中にはY染色体を持たないもの(でもオスメスの区別はある)、Y染色体を持っているがオスメスの決定とは関わらないもの、など色々な種があります。進化の歴史の中でY染色体は徐々に小さくなっている傾向にあり、最後には消えてなくなる、という説まであります。

Y染色体の行く末やいかに?男女の区別はますます困難に?

さんぽ未知 記事一覧

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.10.20| 熊本こころのケアセンター・熊本県精神保健福祉センターの皆さまがToMMoを来訪されました 2017.10.20| 指定国立大学法人東北大学 未来型医療創成拠点(仮称)教員募集(11/16締切) 2017.10.19| 富士フイルムの戸田雄三取締役副社長らがToMMoを来訪されました 2017.10.18| 第6回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(11月16日) 2017.10.18| 国立長寿医療研究センターとToMMoが共同研究契約を締結~超高齢社会における健康寿命の延伸に向けた研究を、バイオバンク間連携で~【プレスリリース】

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.