東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2014.12.26

第52 回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(1月7 日)

第52回インシリコ・メガバンク研究会を下記のとおり行いますのでご案内いたします。今回はサンパウロ大学・アンドレ藤田先生を講師としてお迎えし、「生物学的大規模データにおける計算統計:方法および活用」について講演していただきます。

・日時:平成27年1月7日(水) 17:00‐18:30
・場所:東北メディカル・メガバンク棟3階小会議室2
・演題:Computational Statistics in Biological Big Data: Methods and Applications
・講師:アンドレ 藤田 先生(サンパウロ大学)
*本講演は医学系研究科系統講義コース科目の授業として振替可能です。

 ・概要:The understanding of the biological mechanisms underlying human diseases is one of the main challenges in biological sciences.
Although several efforts, the large number of heterogeneous factors that influence the genesis of a disease makes it a very hard task. One of the challenges consists in understanding diseases by developing methods to statistically analyze and computationally manipulate big data. This difficulty is generated by ultra large data size, heterogeneity, multidimensionality, and presence of intrinsic noise.
In this context, computationally intensive statistical methods developed by our group are presented with applications in neuroscience and molecular biology. In neuroscience, the focus is on the analysis of resting-state fMRI data of ~600 individuals diagnosed with ADHD and ~900 subjects with ASD. In the context of molecular biology, partial results obtained from the study of miRNA expression of a cohort of ~2,000 breast cancer subjects are presented.

・世話人:小島要、長﨑正朗

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.05.25| 災害交通医療情報学寄附研究部門 技術補佐員 募集(7/28締切) 2017.05.25| 地域住民コホート室 技術補佐員 募集(6/9締切) 2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.