東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2014.01.10

第44 回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(1月17日)

第44回インシリコ・メガバンク研究会を下記のとおり行いますのでご案内いたします。

今回は東京大学大学院農学生命科学研究科・新村芳人先生を講師としてお迎えし、「脊椎動物嗅覚受容体遺伝子の進化 ~環境に応じて変化するゲノム~」というタイトルで講演していただきます。

日時:平成26年1月17日(金) 16:00‐17:30
場所:医学部1号館2階 中会議室

演題:脊椎動物嗅覚受容体遺伝子の進化 ~環境に応じて変化するゲノム~
講師:新村 芳人 先生(東京大学大学院農学生命科学研究科)

※本講演は医学系研究科系統講義コース科目の授業として振替可能です。

・概要:環境中の多様な匂い分子は、嗅覚受容体(olfactory receptor, OR)によって検出される。OR遺伝子は哺乳類で最大の遺伝子ファミリーを形成し、その数はヒトで約400個、マウスやラットでは1,000個以上におよぶ。OR遺伝子ファミリーは、種によって遺伝子数が大きく異なること、進化過程での重複や欠失が極めて多いことによって特徴づけられる。また、個々のOR遺伝子ごとに進化ダイナミクスが異なり、多くの子孫を生み出す遺伝子が存在する反面、重複や欠失がなく進化的に安定しているような遺伝子はほとんど存在しないことも明らかになった。本講演では、脊椎動物OR遺伝子ファミリーの進化に着目して、匂いという感覚の不思議に迫ってみたい。

世話人:黒木陽子、長﨑正朗

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10) 2017.05.22| 第4回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(6月19日) 2017.05.22| Maureen E. Smith先生をお迎えしてセミナーを開催します(5/25)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.