東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2013.06.27

絆 MEGA Meeting が開催されました(清元秀泰教授 セミナー講演)

去る6月23日、「絆強化プロジェクト派遣団」主催、「東北メディカル・メガバンク機構」協力の"絆 MEGA Meeting"が、片平キャンパスのさくらホールにて開催されました。

このミーティングは、今春、外務省および日本国際協力センター(JICE)によってアジア・オセアニア地域に派遣され、現地の人々と交流することによって、被災地の現状を伝えた学生たちが、主体的に立案・企画したものです。

ミーティングでは、各国への派遣時のエピソードや、現地の人々の東日本大震災への反応が紹介され、震災復興と防災意識を世界の人々と共有するために、どのような独自のアクションを起こしたか、報告が行われました。

いかにして現地の人々と絆を作り上げたかが、若者らしい、瑞々しいプレゼンテーションで紹介され、同時に活発な意見交換が行われました。

また、特別セミナーとして、当機構の地域医療支援部門、清元秀泰教授が、「みんなで考えよう!どうすれば震災復興できるのか~東北メディカル・メガバンク機構の挑戦~」と題して、フロア全体を巻き込んだ白熱したセミナーを展開しました。

ユーモアを交えながら学生に様々な問題を投げかけ、マイクを向け、その応答から東北メディカル・メガバンク事業の真の目的に肉薄していくスタイルの「講義」に、学生たちは最初は戸惑いながらも、最後はその講義の魅力に大いに引き込まれていたようでした。

学生たち自身、復興への絆は所与のものとしてそこにあるのではなく、自分たちからアクションを起こさなければ強めていくことはできない、ということに自覚的であることが、ミーティング全体を通じて伝わってきました。

当機構は、次世代を担う、将来ある若者と、様々なかたちで交流やコラボレーションを行いたいと考えております。
学生として、何ができるか、常に考えている若者に敬意を表し、当機構としても、彼らのフレッシュな考え方を常に取り入れながら、これからも事業を推進してまいります。

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.05.25| 災害交通医療情報学寄附研究部門 技術補佐員 募集(7/28締切) 2017.05.25| 地域住民コホート室 技術補佐員 募集(6/9締切) 2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.