東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2013.03.12

第7回ToMMoクリニカル・フェロー連絡会議が開かれました。

2013年2月26日(火)、第7回 ToMMoクリニカル・フェロー連絡会議が開かれました。ToMMo勉強会が併催され、中谷純副部門長(医療情報ICT部門)が講師をつとめました。

勉強会の内容は以下の通りです。

講師:中谷純副部門長(医療情報ICT部門)

演題:未来型医療に必要な医療情報基盤

内容:

2003 年にヒトゲノム配列解析完了宣言が出された後、米国ではNIH Road map やFDA Innovation or Stagnation が提示された。当時、本邦において、未来型医療像として、ゲノム医療が主役になるであろう医療(個人差医療・疾病予防)とゲノム医療が脇役になるであろう医療(無痛医療・心まで目を向けた全人医療)が提示・議論された。前者の医療像でのゲノム医療における情報学の役割は、ゲノム情報/オミックス情報が多階層的に関連しながらネットワークを作り上げた総体としての分子情報と、疾患の原因としての環境情報や疾患に関する情報、診断・治療に関する情報などからなる医療情報などから構成される『巨大で繊細な情報』を、意味のある情報として臨床現場で簡便に扱うことができるようにすることである。そのために中心となる情報基盤技術はオントロジー技術であり、それを応用した多面的な整理を可能とする多視点・多次元知識情報基盤を構築する必要がある。

他にも勉強会では、医療クラウドによる個人情報のセキュリティー管理や長期間安定して情報を利用することを念頭においたネットワークシステムの標準化統一視点設計、『東北医療情報ハイウェイ』構想などについてもお話がありました。

次回のToMMoクリニカル・フェロー連絡会議では、引き続き中谷純副部門長が勉強会の講師をつとめる予定です。

関連リンク

第1回ToMMoクリニカル・フェロー連絡会が開かれました。

第2回ToMMoクリニカル・フェロー連絡会が開かれました。

第5回ToMMoクリニカル・フェロー連絡会議が開かれました。

第6回ToMMoクリニカル・フェロー連絡会議が開かれました。

第8回ToMMoクリニカル・フェロー連絡会議が開かれました。

アメリカ肝臓学会で、ToMMoクリニカル・フェローの嘉数英二医師の演題が優秀ポスターに選ばれました。

志津川病院HPでToMMoクリニカル・フェローの近藤敬一医師が紹介されました。

沿岸部医療の現在を考える、ToMMoクリニカル・フェロー赴任報告会を開催しました。

東北大学による地域医療支援-東北メディカル・メガバンク機構によるToMMoクリニカル・フェロー制度の創設-【プレスリリース】

ToMMoクリニカル・フェロー制度の開始が各メディアで紹介されました。

ToMMoクリニカル・フェロー制度についての清元秀泰教授(地域医療支援部門)のインタビュー記事を公開しています。
東北を最先端医療の勉学の地に。そして地域医療に“革命”を。

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.05.29| シーナカリンウィロート大学医学部の皆様が来訪されました 2017.05.25| 災害交通医療情報学寄附研究部門 技術補佐員 募集(7/28締切) 2017.05.25| 地域住民コホート室 技術補佐員 募集(6/9締切) 2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.