東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2016.08.02

大崎市鳴子健康調査結果報告会を開催しました

2016年8月1日(月)、大崎市鳴子地域にある鳴子保健医療福祉総合センターで、東北メディカル・メガバンク事業の健康調査結果報告会を開催しました。

昨年度までに特定健康診査会場等で調査にご協力いただいた、大崎市鳴子地域にお住まいの方へご案内をお送りし、当日は25名の方々にお越しいただきました。
機構から、地域住民コホート室の中谷直樹准教授、土屋菜歩助教、メンタルへルスケア推進室の佐藤文子心理士が登壇しました。はじめに、中谷准教授より、今年度も引き続き参加者を募集している「三世代コホート調査」についてのご紹介を行いました。つづいて、佐藤心理士よりこころの健康づくりについてお話しし、最後に土屋助教より、コホート事業の進捗状況と今後の展開及びご協力いただいた大崎市鳴子地域の皆さまの調査結果と結果回付票の見方についてご説明しました。
今後も、結果報告会等を通して事業の状況をお知らせし、地域の皆さまの健康を継続して見守りたいと考えています。引き続き、アンケート調査等へのご協力をお願いいたします。

健康調査結果報告会は、以降も登米市(8/24)、蔵王町(9/2)、名取市(9/14)、村田町(9/28)、大郷町(10/7)、大河原町(10/31)にて、開催を予定しています。健康調査にご協力いただいた方はもちろんのこと、東北メディカル・メガバンク事業にご興味のある方など、どなたでもご参加頂けます。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

ID16932_IMG_4972

三世代コホート調査についてお話しする中谷直樹准教授

ID16932_IMG_4980

こころの健康づくりについてお話しする佐藤文子心理士

 

関連リンク

利府町で健康調査結果報告会を開催しました

塩竈市で健康調査結果報告会を開催しました

富谷町で健康調査結果報告会を開催しました

栗原市で健康調査結果報告会を開催しました

健康調査結果報告会を開催します(6-9月)

三世代コホート調査

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10) 2017.05.22| 第4回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(6月19日) 2017.05.22| Maureen E. Smith先生をお迎えしてセミナーを開催します(5/25)

Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.