東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2012.09.14

第12回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(9月14日)

インシリコ・メガバンク研究会の第12回を9月14日(金)18時から行いますのでご案内いたします。

今回は、実験プロトコルにもかなり関わる話ですのでご興味があるようでしたら是非ご参加ください。

タイトル:細胞の個性を理解する – ChIP-seq と Single-Cell RNA-seq から

二階堂愛

理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター

機能ゲノミクスユニット

要旨:

我々の身体は、たったひとつの細胞が約400種類の細胞に正しく分化することで成り立つ。基本的にはこれらの細胞は同一のゲノム情報を持つ。細胞が個性を獲得するには、細胞のなかで適切な遺伝子が発現し、転写ネットワークを構築する必要がある。我々は、胚性幹細胞(ES細胞)が分化するに伴なって、どのように転写因子ネットワークの構造変化するかを時系列ChIP-seq と転写の統計的モデリングによって捉えることができた。また細胞の個性獲得と関連していると言われている細胞状態のゆらぎを捉えるため、高精度の1細胞RNA-seqの新規プロトコールとそのデータ解析手法の開発を行なっているので、その現状についても述べる。

概要

日 時 : 2012年9月14日(金)18:00-

会 場 :東北大学星陵キャンパス 東北メディカル・メガバンク機構プレハブ棟2F会議室1

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します 2017.01.18| 河北新報「医進伝心」に八重樫伸生機構長特別補佐のエッセーが掲載 2017.01.18| 株式会社エスアールエルの方々がToMMoを来訪されました 2017.01.17| 国際的なゲノム研究団体GA4GHの代表Goodhand氏が講演

Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.