東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ

記事一覧
全て
ニュース
イベント
成果
メディア
2016.01.18

第72回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(1月26日)

第72回インシリコ・メガバンク研究会を下記のとおり行いますのでご案内いたします。今回は大阪大学産業科学研究所・武田龍先生を講師としてお迎えし、音声対話システムにおける要素技術と最近の機械学習について講演していただきます。

・日時:平成28年1月26日(火) 17:00‐18:30
・場所:東北メディカル・メガバンク棟3階 小会議室2

・演題:音声対話システムにおける要素技術と最近の機械学習
・講師:武田龍先生(大阪大学産業科学研究所)

*本講演は医学系研究科系統講義コース科目の授業として振替可能です。

・概要:音声対話システムとは,人間の音声による問いかけに対して,それを理解し,応答を返すシステムである。このようなシステムは,例えば,携帯端末のインタフェース(Siri)やロボット(Pepper)に応用されている。私たちの研究室では,ユーザ発話の言語的な理解だけでなく,発話行動の階層的理解やシステム・ユーザの相互適応などに着目して研究を進めている。具体的には,ターンテイキング(発話タイミング),対話を通じた知識獲得,対話ロボットといった内容に取り組んでいる。これらの研究において,機械学習は必要不可欠な技術であり,システムの要素技術である信号処理や音声認識,中核となる対話戦略やユーザモデルの学習まで広く利用されている。
本セミナーでは,音声対話システムにおける課題や必要技術,機械学習技術の適用に関して,本研究室の研究事例も交えて紹介する。また,要素技術における最近のDeep Learningの適用例や自身の取り組みに関しても紹介していく。

・世話人:小島要、長﨑正朗

東北メディカル・メガバンク機構

お知らせ
2017.01.20| 2KJPNを使用した論文が発表されています 2017.01.20| 第81回インシリコ・メガバンク研究会開催のお知らせ(2月2日) 2017.01.19| 遺伝的体質に基づく 新しい「脳梗塞発症リスク予測法」を開発 ~脳梗塞の予防に貢献可能~【プレスリリース】 2017.01.18| 本日(1/18)結成が発表された「アンチ・ドーピング研究推進のためのコンソーシアム」にToMMoは大きく貢献します 2017.01.18| 河北新報「医進伝心」に八重樫伸生機構長特別補佐のエッセーが掲載

Copyright(C) Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.