東北メディカル・メガバンク機構

地域と・つながる・医師

  • 地域と・つながる・医師
  • 臨床のスキル・アップとアカデミックでのキャリア・アップを両方バックアップ。 東北で医療の未来を作りませんか?

    履歴書・業績目録は こちら からダウンロードしてください。

    地域とつながる

    一年のうち、一定の期間(四か月~半年)は被災地で活動。被災地のニーズに合わせたマッチングで、地域ネットワークとつながりながら活動できます。被災地で不足している総合診療、家庭医、救急・災害医療、神経精神医療・児童精神医療、在宅医療支援等の各方面からご自分の専門性を発揮して活躍して下さい。さらに長期間の地域勤務を希望される方には、速やかな地域関連病院とのマッチングのもと、東北メディカル・メガバンク機構連携地域医療専従医師として、手厚いサポート体制を利用して遠隔地医療に専念することができます。

    大学とつながる

    地域医療機関での支援期間以外は、大学病院の医師として兼務することも可能で、新たな領域の研修・スキルアップも期待できます。また、東北大学のクリニカル・スキルス・ラボの最先端医療機器や治療手技トレーニングが利用できます。

    サポートがつなげる

    地域で勤務する病院から高度先端医療の大学病院まで、遠隔医療支援システムを用いて専門医へリアルタイムな症例相談が可能ですので、非専門症例の緊急の対応でも安心して診療活動に取り組めます。チーム単位の医師ローテーションによる休暇サポートシステムやキャリア支援プログラムを有効に使って、メンタル・ヘルスケアや個々のキャリア・アップができる体制です。

    研究とつながる・世界につながる

    地域勤務以外の時期は、東北メディカル・メガバンク機構でゲノム・コホート研究に従事。地域に根差した臨床研究を進めて、医療の未来作りに参加して下さい。定期的な学会発表の機会と論文指導等の研究支援が受けられます。また、最先端のゲノム研究を通じて、国内のみならず世界に最新情報を発信できる研究者として、世界とつながることも可能です。

    キャリアとつながる

    博士号未取得の方には博士号取得をサポートします。各種専門医を東北大学病院の各診療科とも連携しながら取得することもできます。

    東北メディカル・メガバンク機構では、被災地の地域医療と東北大学での研修・研究をローテーションする立場で赴任できます。 臨床のスキル・アップとアカデミックでのキャリア・アップの両方をバックアップします。

    これまでの採用者は、東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)のToMMoクリニカル・フェローとして活動しています。

    地域医療の復興へ 東北大学東北メディカル・メガバンク機構の取り組み

    当機構の地域医療支援についての動画です。 ToMMoクリニカル・フェローについてもお話しています。
    動画を視聴する

    ToMMoクリニカル・フェローについて

    ToMMoクリニカル・フェロー制度についての清元秀泰教授(地域医療支援部門)のインタビュー記事を公開しています。

    東北メディカル・メガバンク機構

    お知らせ
    2017.05.23| 自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐【プレスリリース】 2017.05.23| NGS現場の会 第五回研究会 参加者の皆様が来訪されました 2017.05.22| 東北大学大学院医学系研究科大学院説明会の開催のお知らせ(東京5/27、仙台6/10) 2017.05.22| 第4回ゲノム・オミックス連携推進セミナー開催のお知らせ(6月19日) 2017.05.22| Maureen E. Smith先生をお迎えしてセミナーを開催します(5/25)

    Copyright(C) Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization All Rights Reserved.